中性脂肪を下げる方法を知ろう|健康的な体を作るための方法

効果の高い食材とは

ダイエット

さまざまな病気の原因

中高年になると、脂肪を落とすことが難しくなり、メタボリックシンドロームなどの症状を引き起こしてしまうことがあります。メタボリックシンドロームは、その多くが肥満と関係してきますが、肥満はまた中性脂肪と無関係ではありません。中性脂肪はさまざまな病気の原因を形成します。中性脂肪が増えて、コレステロール値が上昇すると、それが動脈硬化の原因となります。動脈硬化が脳で起これば脳卒中になりますし、心臓で起これば心筋梗塞を引き起こすでしょう。こうした病気を防ぐためには、何より中性脂肪の数値を下げることが大切です。そして下げるためには、日々の食生活を見直し、規則正しい食事と適度な運動をしていくことが大切なのです。

食物繊維が豊富な食材

中性脂肪を下げるためには、そのために効果のある食材を積極的に摂取することが不可欠です。たとえば肉や乳製品などには中性脂肪を高めてしまう成分がたくさん含まれていますが、一方でレタスやトマトなどの食物繊維の豊富な食材には、逆に中性脂肪を下げる働きがあります。大切なのは、口にするのが肉だけとか、野菜は一切食べないなどの極端な偏りをなくすことです。食事はバランスが肝心ですので、満遍なく口に運ぶことが第一なのです。もし野菜を食べることが苦痛なのだとすれば、肉や魚と一緒に食べるようにしましょう。苦痛なことを続けていれば、いずれ嫌になって続かなくなってしまいます。肉などと一緒に食物繊維を摂取することで、少なくとも中性脂肪の上昇を防ぐことはできます。