中性脂肪を下げる方法を知ろう|健康的な体を作るための方法

みかんに含まれる成分とは

野菜とメジャー

血液をサラサラにする効果

中性脂肪を下げるには、みかんが役立つことを知っているでしょうか。みかんは、ビタミンCが豊富で、1日に2個食べれば必要量を補えるほどです。そのみかんの皮やすじには、ヘスピリジンという成分がありこれはポリフェノールの一種です。強い抗酸化作用があり、中性脂肪やコレステロールを下げる働きがあるのです。それに中性脂肪のために弱くなった血管を強くし血液をサラサラにしてくれます。血行が良くなると冷え性なども改善されます。それに、春先になると増える花粉症も予防したり症状を軽減する働きがあるのです。みかんの皮は食べることができませんが、すじの部分にもヘスピリジンは多く含まれています。ミカンを食べるときは、すじを取らずに食べることでその成分を摂ることができます。

トクホを使おう

みかんの皮は、そのままでは食べられませんが、マーマレードなどにして食べることもできます。しかし、砂糖を多量に使うのでたくさん食べるとかえって糖分の摂り過ぎになってしまいます。そんなヘスピリジンは、トクホで摂ることができます。トクホとは「特定保健用食品」の略で、中性脂肪やコレステロールなどを抑えたりする効果が望める食品のことです。ほかにも体脂肪をつきにくくしたり、血圧を改善する効果も期待できます。そんなトクホには、ヘスピリジンが配合されているのものあり中性脂肪を下げる役割を果たしています。トクホは、お茶や清涼飲料水などにも多くの種類がありたくさんの人が利用しています。食事と一緒に利用することで、体への脂肪の吸収を抑え中性脂肪を下げる効果があります。